2階にベランダを作らなかったので洗濯ものが干せないと言われ続けています

2階のベランダは敢えて作りませんでした。

それは、2階にベランダがある家は泥棒が入り易いという概念が新築した頃にありました。

確かな情報なのか自分だけがそう思っているのかは未確認ですが、自分の中でもし自分が泥棒だったら2軒の家があってベランダのある家・ない家どちらが入り易いかと言ったら明らかに前者を選択します。

ベランダには必ずと言っていいほど縦樋がおりています。

それは案外頑丈です。

おまけに樋受け金物がちょうどいい足がかりになりよじ登る事が出来ます。

ベランダにたどりつく事は難しいことではありません。

そういった信念に基づき家族の安全を守る為にベランダを迷わず計画から外しました。

その為に妻から絶えず不満をぶつけられています。

安全性を取るか、利便性を取るかの究極の選択です。

近隣の家で泥棒に入られたといったニュースも聞かないまま時が経過していますが、私の選択は間違っていたのかと思い始めています。

洗濯物を干すという行為は毎日の事であり、庭に屋根つきのサンルームまがいの空間を作りましたが、2階の布団は2階に干したいと妻は叫び続けます。

その通りです。

この叫びに安全性などたちうちできません。

サッシに防犯上の措置を施した上でのベランダの設置を考えるべきでした。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>注文住宅 太田市