寝て入る浅い横長のお風呂です。夏は問題ないですが冬は、かなり寒い。

新築する前のお風呂は昔ながらのホーローの四角い深いお風呂でした。

でも現代の家のお風呂は浅くて、横長で介護にも使えるし、半身浴にも使えて、いいなあ~こんなお風呂。

なんて憧れてましたが、新築するためにお風呂の打ち合わせをしたとき、モデルを 3つほど、見せられて、私は迷うことなく、憧れていた浅い横長のお風呂を注文しました。

実際、家ができて鍵を引き渡されて、その日、初めてのお風呂。

時期は3月で、そう寒くはありませんでしたが、夏も越して、秋から冬に突入したとき、感じたんですが、このお風呂寒いと。

小さい窓があるせいか、お湯も、すぐ冷めてしまいます。

エコキュートなんで追い焚きは、かなりの電気を使うし、肩くらいまでお湯が欲しくて、たし湯をすると、お湯切れして、ゆっくり入れません。

昔みたいに、すっぽり肩まで、つかれるお湯が恋しくなりました。

夏は半身浴くらいのお湯で十分なんですが、冬場もお湯の状況で半身浴くらいのお湯しか使えないときがあると寒くて寒くて、上がれません。

失敗したと思いました。

まだ若ければ浅いお風呂でも充分なんでしょうけど、若くないので冬場のお風呂が嫌になりました。

だから冬場は、たまに温泉に行き暖まります。

家のお風呂では入った気がしません。

やはり他のお風呂の深い浴槽にすればよかったと後悔をしてます。

続きはこちら⇒野田市 注文住宅